日本の格安航空会社

日本の格安航空会社は現在、AirDo北海道国際航空、スカイマーク、スカイネットアジア航空、スターフライヤー、ピーチ・アビエーション、エアアジア・ジャパン、ジェットスター・ジャパンです。

トップページ

ピーチ・アビエーション(Peach Aviation)

ピーチ・アビエーションは、2012年3月1日から関西空港を拠点に就航開始。当初は全日本空輸と香港の投資会社「ファーストイースタン・インベストメントグループ」(FE, First Eastern Investment Group)の共同事業として計画され、産業革新機構(官民出資の投資ファンド)が資本参加している。出資総額は資本金と準備金をあわせて約150億円(2011年11月30日)。就航開始後3年目での黒字化を目指す。2012年1月6日にピーチ・アビエーションが就航記念キャンペーンとして、関空−新千歳を片道250円で発売し話題となった。

機内食や荷物の預け入れが有料、また多くのLCCが座席数を多くしているため、シートピッチも狭くなる。それでも、「快適な空の旅」よりも、電車のように移動するだけの目的には最適だ。予約もチェックインもオンラインが基本。
平均利用率は8割超とされ、大手国内線利用率が50〜70%と比較すると出足は好調。札幌線の運賃は最低4780円。福岡線は3780円と大手の半額以下。夜行バス並み。

Peach aviation機体

トータル・ブランディングはCIA Inc. | the brand architect groupが担当し、アドバイザーとしてライアンエアーの元会長パトリック・マーフィー(Patrick Murphy)を迎えている。

2012年(平成24年)

  • 3月1日 : 大阪/関西 - 札幌/新千歳線、大阪/関西 - 福岡線の2路線を開設。
  • 3月25日 : 大阪/関西 - 長崎線を開設予定。
  • 4月1日 : 大阪/関西 - 鹿児島線を開設予定
  • 5月8日 : 大阪/関西 - ソウル/仁川線を開設予定。運賃は片道5280〜2万3980円。
  • 7月1日 : 大阪/関西 - 香港線を開設予定。
  • 9月30日 : 大阪/関西 - 台北/桃園線を開設予定。
  • 7月以降 : 大阪/関西 - 那覇を開設予定


単位(円) エアアジアジャパン ジェットスター ピーチ
大阪ー札幌 ---  4590-14490 4790-14790
大阪ー福岡 ---  3590-11490 3590-11790
成田ー札幌 4580-18880 4490-16990 ---
成田ー福岡 5180-19580 5090-18990 ---
成田ー沖縄 6680-23080 6590-22990 ---
成田ー大阪 ---  3990-15990 ---
大阪ー長崎 ---  --- 3590-11780
大阪ー鹿児島 ---  --- 4280-13280
手数料 150 200 210

copyright©格安航空会社完全ガイド All Rights Reserverd.