日本の格安航空会社

日本の格安航空会社は現在、AirDo北海道国際航空、スカイマーク、スカイネットアジア航空、スターフライヤー、ピーチ・アビエーション、エアアジア・ジャパン、ジェットスター・ジャパンです。

トップページ

スカイネットアジア航空(Skynet Asia Airways)

スカイネットアジア航空は、スカイマーク、北海道国際航空(エア・ドゥ)に続き、規制緩和で新規参入した格安航空会社のひとつ。日本航空や全日本空輸などの大手に比べ格安な料金、カラフルな機体デザイン、国内最大級のゆったりした座席配置を売りに2002年8月に東京−宮崎線に新規参入しました。


2003年8月より東京−熊本線も運航していますが、広告宣伝・提携販売が弱いほか、知名度が低いことなどから、乗客数が伸びず、機材等への投資も十分にできませんでした。機材に不具合が出ると運航便の欠航が多発。集客見込みの甘さもあり経営が改善されませんでした。


スカイネットアジア機体

2004年6月より産業再生機構の経営支援を受け、全日本空輸との業務提携で再建を目指すこととなりました。

2005年8月より、東京−長崎線の運航を開始。東京発の九州路線に特化することで、九州地方における知名度の向上を狙っています。

2007年1月18日 経営は大幅に改善しつつあるというものの、2006年中間決算で約10億円の経常損失が発生しており、累積損失は約85億円まで増加している。

2007年9月をめどに現行の東京−長崎、熊本線の1日の便数をそれぞれ6往復から4往復へ減便し、 東京−宮崎線を6往復から7往復へ増便。さらに、新たに東京−鹿児島線に3往復で新規参入します。 また、4月からは北海道国際航空(エア・ドゥ)と連帯運送を開始する予定。

現在、ボーイング 737-400型機 8機 を保有しています。

copyright©格安航空会社完全ガイド All Rights Reserverd.